禁欲の果てに

禁欲と引き寄せの関係について考察と実践

引き寄せをより容易くする

お粗末です。

オナ禁でギンギン寝付けません。

 

なのでここはひとつ何か書こうということで、

導入としてどうすれば引き寄せをより容易くできるかについて書きたいと思います。

 

オナ禁はどこいったー、となるかと思いますがまた別のタイミングで。

後で話しますが、オナ禁はあくまでメソッドとして僕は捉えています。

 

で、早速書いていくわけですが、

結論から述べるのは良い書き方だと教わったことがあるので、まずは結論から。

 

願望を叶えるには願望への執着をなくすこと

です。

 

色々調べてたらする人は、めっちゃよく聞きますよね。

 

よく見かける似たキーワードを並べてみましょうか。

 

・手放してみる

・願いを達成した想像をする

・願いを達成した気分になる

・空っぽにする

・楽しいことをする、考える

・楽になることをする、考える

・神に頼む

・願望のロケットを打ち上げる

・チケットを渡す

・受け入れる

・抵抗をなくす

・願望をジャッジしない

 

とかでしょうか。

上に共通することは何か。

 

執着を捨てることです。

心を軽くすることです。

 

全部真実を別の見方から見ているので違って見えますが、本質は同じです。

 

ご挨拶を書いたこともあって、最近やっと思い出せたのですが、

僕が願望を叶えた時はいつもそうでした。

 

忘れた頃に叶ってたり、

こんなことあったらいいなー、と思ってたらいつの間にかあったりしました。

 

逆に

欲しい欲しい欲しいぜーって

時は手に入らないことがありました。

彼は追うと逃げていきます。

 

ただ、執着を捨てるっていうのがわかってても難しい。

だからこそいろんな手法があります。

セドナメソッドやオポノポノといったクレンジング系などなど。

 

まぁなんだかんだと難しいことを書くとよじれるので簡潔に書くと

感情のスケールを徐々に上位に持ってくること

これが一番シンプルです。

 

さぁこれを見てください!(偉そうですがコピペです)

 

1.喜び、大いなる気づき、自身、自由、愛、感謝
2.情熱
3、熱意、やる気、幸せ
4.ポジティブな期待、信念
5.楽観
6.希望
7.満足
8.退屈
9.悲観
10.ストレス、いらだち、短気
11.戸惑い
12.落胆
13.疑い
14.心配
15.非難
16.失望
17.怒り
18.復讐
19.敵意、激怒
20.嫉妬
21.自信喪失、罪悪感、自己卑下
22.恐れ、苦悩、憂鬱、絶望、無気力

 

ご挨拶で紹介した書籍にまんまあった通りの考え方です。

 

では、続けて、

最近のあなたを感情を総評するとどの番号になりますか?

あなたはそこから徐々にレベルをあげてください。

いきなり上がるのは無理です。

無気力なら嫉妬しろ、嫉妬するなら怒れという具合です。

 

この感情のスケールは上に行くほど執着とは程遠くなります。

 

でも情熱や熱意、期待って執着じゃね?

って思いますよね。

 

僕もそう思ってましたが、それより下のスケールに居たからでした。

 

また

「お、感情のレベル上がったナ(フンッ...)。」

って言うのは体感で分かります。

心が軽くなると、体も軽くなる感じです。

上がるにつれて、だんだんと行動してみよってなります。

前の僕の場合は、

「暇で寝込んでたけど今気分良くするには外出たら良さそうって感じ。」

ってな風に散歩行ったり。

 

 

上の感情は今はわからなくても、不思議に思っても、

実際そこまで登ってみるとわかります。

それはもっと自由な感情です。

 

そう言った理由から、いきなりレベルを上げるのはなかなか至難の技ということです。

わからないし、なによりキープできません。

 

また心に傷があったり、何か精神の深い部分、無意識にある感情はあなたをそこに留まらせます。

 

ご挨拶で話した通り、僕は失恋しました。

その傷は感情のスケールの下層部に僕を縛り付けていました。

 

自己分析をしながら半年ほど経ち、やっとそのことに気がつきました。

 

そこから、なんとか9(悲観)まで来たもののどうしてもそれより上にはいけませんでした。

 

元カノの影が現れては消えといった感じで

今どうしているのか、あんなに優しくしてくれたのに寂しい、おれは一人だ

とかいう思考がまたスケールを下げてました。

 

で、それを解決したのが(現在進行系)オナ禁でした。

だから僕はオナ禁を引き寄せにおいてのメソッドとして考えているわけです。

 

失恋においては特に力を発揮するかもしれませんね。

 

ただ、やはりオナ禁はメンタル面での影響力は大きく執着を手放すメソッドとしては目を見張るものがあります。

サイヤ人効果における恐怖や不安の払拭効果は絶大なんです。

でもこれについては改めて触れますね。

 

あと書きたいのはオナ禁前頭葉の関係について。

ラムサの言葉と引き寄せの法則を交えて考察していきたいと思ってます。

 

一応こんなところで。

またヒラメキ次第、追記や修正すると思います。

 

ありがとうございました。

 

ご挨拶とコンセプト

f:id:urkey:20170712061253j:plain

お粗末です。

 

早速ですが、このブログを続けていく中でのコンセプト。

あとはご挨拶を兼ねまして、なぜ僕がこのブログを書き始めようと思ったのかついてお話しします。

 

まず始めた理由について、単刀直入に言うと理想の彼女を手に入れた後、別れてしまったからです。

 

意味が分からないと思うので、どうでもいいと思うのですが経緯を踏まえお話ししようかと思います。

 

当時の僕は学生でした。

昔から潜在的Mなのか禁欲が好き(オナ禁)で何ヵ月もやっていたことがあり、

高校の終わりの時には1年半ほど。

効果については小~中学生の頃には何となくわかっていました(毎日好きな人との温度感を観察していて)。

気づけば好きな人とは大体付き合えていたのもそういった理由からかもしれません。

これについては、またまとめて別記事で体験と考察を交えてお話しします。

 

上記のように禁欲をしているうちに、僕は引き寄せの法則というものに出会います。

いわゆる願望実現の法則です。

きっかけは当時なぜか大好きだった須藤元気さん率いる音楽グループWORLD ORDERでした。

イルミナティなくらい露骨なレベルのイルミナティメッセージやユニークなロボットダンス、当時ひっそりとハマってました。

須藤元気さんはスピリチュアルに寄っている方で、惑星エササニという謎惑星に住んでいる見るからに怪しすぎる謎宇宙人、バシャールと対話本を出していました。

 

それを書店で見かけ、何を血迷ったか購入し、早速熟読。

未知の世界に惹かれた僕はバシャールつながりでエイブラハムの引き寄せの法則の本と出会います(今は装丁変わっちゃってるんですね)。

f:id:urkey:20170709202941j:plain

「引き寄せの法則」のアメージング・パワー―エイブラハムのメッセージ

とても刺激的な内容で、当時自分を束縛していた僕にとっては新しい思考方法でした。

それからこの本をベースに実践していきます(LOAスレまとめには本当にお世話になりました...)。

 

最初はうまくいっているかわからないですが、昔からスピリチュアル的な怪しいものには抵抗がないのか、この思考方法に変えてから気持ちはとても軽くなっていました(思い出せばゲームでもイライラすることもなくなった)。

まあ、学生なので伸び伸びとトライできていたのも大きいですね。

バイトもしてませんでした。

 

過剰に期待したもの(過剰ポテンシャルについてはまた別記事で)についてはうまくいかなかったりしましたが、小さなきっかけ(...お金を欲したら登校途中に1000円拾ったり、休みたいなーと思うときは休校や自習になったり)が増えました。

当時は実家にいますしお金に困っていなかったのでうまくいったんでしょう。

とりあえずこういった積み重ねからコツをつかんでいきました。

 

そのころ、当時少し気になっていた学校でひそかに人気の高い女の子がいました。

もし付き合えたらうれしいなと感じていたものの、中学校の頃付き合っていた大好きだった女の子と別れた傷もあり、しばらく女の子はいいやと思っていました。

 

そして高校を卒業。

迷っていた進路も引き寄せの思考方法で結果的に良い学校に入学できました(結果的にというのはこの学校のおかげで自分のライフスタイルに合う職に就けたという意味)。

 

入学後、学校違うしあまり関わり合いないだろうと思っていたのですが、

ひょんなことからその気になっていた女の子と関わりを持つことになります。

学校の頃は数度しか口を聞いた記憶しかないのですが、趣味がまんま一緒。

どんどん惹かれていって、最終的に付き合えました。

 

が、結果的に3年手前で別れてしまいます。

理由は堕落したことにあります。

 

大体毎日が短期的な快楽(性や食)におぼれる日々。

最終目標と呼べるくらいの幸せ(浅い快楽)。

そこからくる昔とは打って変わった横暴な態度。

禁欲とはほど遠い生活でした。

 

今だから気づけますが、当時の僕は渦中にいたので周りが見えず、客観的判断が鈍っていました。

そして絶対別れたくない、誰かにとられたくないという過剰な重要性と願望。

結果的にこれを引き寄せました。

 

これがきっかけで現在の職に就けるのですが、この心のダメージはじわじわと僕をむしばんでいました。

うまくいっていた頃のメモもほぼ消してしまっていましたし(付き合いだしてもう要らんだろうということで)コツも忘れていました。

 

しかし、心も少しづつ癒えだした僕は再スタートを切りました。

残ったメモと当時のコツや気づきを思い出しつつ、また色々自己分析や研究の成果も出てきました。

 

社会人になると、また違った方法や気づきがあって楽しさを感じています。

 

禁欲と引き寄せの法則

一見相いれないであろう2つの要素ですが、結構深く関わっています。

オナ禁をしていて、感情のスケールをご存知の方はなんとなーくわかるかな。

コンセプトとしてはこの2つについての考察と実践結果を記事にしようかなと思っています。


またアドバイスもできればなとも(読んでいる方にもですが、未来でヒントを探しているかもしれない自分用に)。

 

ざっくりいうとメモ代わりとしてですが、こういう立ち直り方や思考方法が誰かの役に立てば、それ以上に嬉しいことはないです。


過去のLOAスレの方々にもお世話になりましたし、

意味はないかもしれませんがこういったところで誰かの役にたてればなと思ってます。

 

また最後に一つ

重要なのは信じるか信じないかではなく、実際に試してみて自分に効果があったか、役に立ったか

全てはこれに尽きます。

 

そういった意味で役に立つことができれば光栄です。

また追記するかもしれませんが、よろしく願いします。

 

1つ前の記事はちょっとまとめきれてないしご挨拶になっていないので、非公開にしました。

また整理して記事にしますね。

 

長々としましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。